我が家では、もはやなくてはならない必須家電となったApple TV

appletv

  • 自分が撮りためた旅行写真のスライドショー
  • Youtube動画
  • iTuneからのレンタルビデオ

最近、盛んに原発関連のUst中継が流されています。放送局が流さないような情報を得る上でUstは非常に重要なメディアになっています。それで、このところUstreamを見る機会が多くなってきています。

ひとりで見るのなら、コンピュータのディスプレイでOKですが、興味のある映像は、仲間や家族など複数人で見たい場合があります。Youtubeの動画も同じ発想ですが、こういう場合には、はやりTVのように大画面に映して見たいもの。

Youtubeは、AppleTVにあらかじめ組み込まれていてすぐにデジタルハイビジョンTVで視聴できますが、UstreamはそのままではデジタルハイビジョンTVで視聴できません。

そこで、UstreamをデジタルハイビジョンTVで見るためには、どうしたらいいかをご紹介。

以下のような構成を用意する必要があります。

AppleTVはデジタルハイビジョンTVに接続されていて、ホームシェアリングが”入”になっている状態を確認して下さい。

お使いのMacにChormeをインストールし、さらに拡張機能のSendUstreamToAirFlickをインストールします。

また、AirFlickをダウンロードし、Macにインストール。

いよいよUstream番組をTVに映すわけですが、まずMacとAppleTVをホームシェアリングで接続されていることを確認しておきましょう。

見たいUstreamの番組をChromeで開きます。視聴画面の下(下図参照)に、テキストでsend to AirFlick!という表示が出てきます。このリンクをクリックします。

ustream.tvのサンプル画面

AirFlickが起動し、AppleTVの表示がされていることを確認して、プレイボタンをクリックします。しばらくすると、デジタルハイビジョンTVにUstream番組が表示されます。

AirFlick

もうテレビは、放送局の番組を流すだけのものではなくなりました。AppleTVとデジタルハイビジョンテレビとMacのトリオでさまざまな映像を楽しみましょう!

5月28日追記)Chrome ExtensionでSentUstreamToAirFlickの他にSendToAirFlickがある。こちらを使ってもUstream.tvを視聴することができる。さらにvimeoも視聴できるということでインストールしてみたが、vimeoはAppleTVに繋がらない。なにか設定に違いがあるのか。