学校の大規模災害発生時(大地震など)どのように避難行動をし、家庭へと安否情報を配信するか、考えている。

いろいろな情報を調べているが、早稲田大学が学生向けに作成/公開している大地震対応マニュアルが非常に参考になる。

これまで、私も自分の契約している携帯電話会社の災害時・緊急時対策のサービスにどんなものがあるか、じっくり見ていなかったので、この際、各携帯電話会社他の災害時・緊急対策のサービスを調べ、まとめてようと思う。

《携帯電話各社の災害伝言板ページ》

国内携帯電話各社が各社携帯端末向けの災害伝言板サービスを提供している。自分の契約している携帯電話事業者のサイトにスマートフォンおよびフィーチャーフォンで災害伝言板のページにアクセスすることができる。平時は、それぞれ体験サービスが稼働しているので試すことができる。

《スマートフォン向け災害用伝言板》

また、iPhoneやAndroidといったスマートフォンでは災害伝言板アプリも提供されている。こちらの方が、よりアクセスはしやすいのではないだろうか?スマホユーザはもしもの時のためにぜひ入れておきたいアプリだ。

Softbankスマートフォン向け

auスマートフォン向け

《国内携帯電話各社および気象庁の災害対策関連ページ》

《3つの緊急速報について》

今回調べてわかったのは、緊急速報には3種類あるということ。ひとつ目は「緊急地震速報」。気象庁が最大震度5弱以上と推定した地震の際に、強い揺れ (震度4以上) が予測される対象エリアに対して、アラートを一斉配信するもの。実際、私のスマホもお昼に食堂で昼食をとっていた時に、鳴り出したことがった。その時はなんのことかわからなかったが、この緊急地震速報のサービスであったことがあとでわかった。

2つ目は「津波警報」。1m以上の津波が予想されるときに、同じく対象エリアに対してアラートを一斉配信する。3つ目が「災害・避難情報」。これは、国・地方公共団体が災害発生時などに提供する各種緊急情報を、対象エリアの携帯電話に対して一斉配信するサービス。これには、避難情報、土砂災害、噴火情報の他、弾道ミサイルなんてものもあるようだ。

なお、3つの警報音は各携帯電話会社の災害対策ページ(上記)で聴くことができる。「津波情報」と「災害・避難情報」の警報音は同じものが使われている。

《NTT東西日本の災害対策サービス》

また、NTT東西日本も災害対策サービスとして災害伝言ダイヤル「171」と災害伝言板「web171」を提供している。

《おわりに》

国内の災害時/緊急時対策サービスを調べてみて、これだけのサービスを提供しているとは知らなかった。かなりていねいじゃないだろうか、という印象を受けた。気象庁を始めとした公的機関とも連携をとって、各携帯会社とも歩調を合わせてサービスを提供しているという実態は、もっとアピールしてもよい。我々、一般人も知っておくべきだろう(自分自身も振り返ってみて)。例えば、実際にこれを災害伝言板を事前にチェック・テストしている人はどのくらいいるのだろう。もちろん、大規模災害は起きてほしくはないのだが、まさかの時に、冷静に対処するためには、このうような提供されているサービスについて理解し、操作を体験しておくことが必要だろうと思いました。