12月23日にリリースされたばかりのTayasui Blockの紹介です。アプリの制作元Tayasuiはフランスのパリにあるようです。ウェブサイトに、

tayasui  
japanese word meaning “easy and simple”

とあるように、Tayasui Blockはシンプルながら創造性を刺激するアプリです。

指でタップをすることでブロックを置いていき、立体作品をつくります。早速インストールしてやってみました。現在のところiOS版(iPad/iPhone)のみリリースされているようです。無料。  →2016年1月5日現在、App Storeで250円になっています。

IMG_0972
ブロックを置くときの音が心地よい。

キューブを置くときには”ギー”とか”タン”などの効果音が心地いい。ズームイン・ズームアウト、そして旋回ができ、立体をいろいろな角度から見ながら、組み立てていくことができます。キューブの消去も簡単です。

キューブには色もつけられるので、ちょっとしたブロック立体作品ができます(デベロッパーのウェブサイトを参照)。

IMG_0977
ブロックには色がつけられる

また、爆薬や火炎や(なぜか)バナナを投げつけたり、雷を落としたり、ドリルでいじったりして、つくったものを破壊できます。つくっては壊し…を楽しめるところがツボですね。

IMG_0980
ダイナマイトを投げつけて壊す!

できた作品は保存もできますし、当然、ウェブ上に作品も公開できます。すばらしいことに制作過程を動画に記録こともできる!

このアプリを使用してみて、すぐに図工や中学の製図の授業で使えると思いました。製図の授業では、等角図とキャビネット図、三面図を取り扱っているのでしょうか。このアプリでは等角図と三面図の学習に利用できそうです。トライアンドエラーも何回もできるので空間認識力を養うにはもってこいかと思います。

IMG_0975
IMG_0976
タブレットが導入されている学校は、ぜひ使ってみるとよいのでは、と思います。