iPhoneやiPadの画面をそのまま撮影する「スクリーンショット」のやり方は、スリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)を押しながら、ホームボタンを押すだけです。「カシャッ」とシャッター音がなって、画面がホワイトアウトして元に戻る。スクショは写真の中に保存されます。とても簡単。

このスクショは生徒にとって必須テクニックのようです。写真でもウェブページでもゲームの画面でも、iPhoneなどの画面 で表示させたい場所で、拡大縮小できればサイズも調整して、画面をそのまま撮影する。そしてLINEやTwitterで撮ったものをシェアする、といった使い方は、彼ら彼女らにとっては普通のようです。

それでは画面の動画による録画はどうでしょうか。あまり生徒が使っているという話は聞きません。Appleの公式サイトiTunes Storeでは、画面録画アプリはないようです。脱獄系アプリやiTunes以外のサイトには録画アプリがあるようですが、そういったものを使わなくても、iPad/iPhoneの画面を録画できる方法があります。

(ちなみに、スクリーンショットと似ている言葉でスクリーンキャプチャがあります。どちらもも同じ静止画でもキャプチャと言えると思うのですが、使われ方ではスクショが静止画面、キャプチャが動画による録画って言う使い分けをしていることが多い印象です。が、実際どうなんでしょうか…。)

どうしてもiPhoneやiPadの画面を動画で録画したい、その時にはどうしたらようでしょう?一番、簡単なのものはMacのQuick Timeを使った録画です。どのようにしてキャプチャをするか、紹介します。

①まず、Linghtning CableでiPhone/iPadをMacに接続します。

②QuickTimeを起動します。

ファイル>新規ムービー収録をクリック。

160314-0007
新キームービをクリックする。

③画面が最初インカメラで表示されるので、自分の顔が表示される。びっくりしないように。録画ボタンの右にある下矢印をクリックして、iPhone/iPadを選択。

160314-0010
録画ボタンの右にある下矢印を押して、iPhoneを選択する

④Macの画面上にiPhone/iPadの画面が表示される。録画ボタンを押してキャプチャ開始。

160314-0011
iPhoneの画面の録画操作は、Mac側でiPhoneの画面に表示される録画ボタンを押して実行

こんな感じでスマホの動画による画面キャプチャができます。

こんな風にして、スマホやタブレットの画面操作を教えるムービーが簡単につくれます。iPadやiPhoneをプロジェクタに投影して、操作の説明などすることはありますが、録画をしておいて、あとからでも見れるコンテンツを用意するには、この方法が便利です。