毎年、12月に入るとGoogleがリリースしているYear In Search。2017年版もリリースされています。その1年を振り返る上で毎年楽しみにしていますが、今年のものも非常に印象的なつくりの動画に仕上がっていました。検索で振り返るGoogleの動画は2010年から始まっているようです。下がそのリストです。

2014年以降、タイトルがYear In Search、2012年まではZeitgeist(ツァイトガイスト)というタイトルになっています。Zeitgeistとは時代精神という意味の言葉です。その時代に大きなできごとや政治的・社会的動向をまとめたその時代の雰囲気とか精神的な傾向を表すようですが、あまり一般的に馴染みがないのでYear In Searchに変わったのでしょう。こちらの方がわかりやすいですね。なお、2014年だけ日本バージョンが作成されています。

それぞれの動画は2,3分の短い動画なのですが、その年々の大きなでき事や社会の雰囲気をフラッシュバックのように見ることができ、わずか8年ですが政治や社会が大きく変わったことに大きな驚きをか感じます。

また、興味深いのはその時に挿入されるGoogleのテクノロジーの変遷も要チェックです。

Google検索ボックスのUIやGoogle Earth、Google+といったサービスの初期バージョンがこうだったよなぁと懐かしくなります。

2010−2017までの動画リストにまとめました。

広告